ロゴ_牧場

周りを西脇の自然に囲まれ、のびのびとした環境の下で、上質な肉牛を送り出しています。

おじいちゃん
IMGL3019
IMGL3022
IMGL3041
IMGL3031

牛飼いとして、にんげんとして。

川岸家は、ひいおじいさんの代から、牛飼いでした。
おじいさんも、そして、私の父も、牛飼いです。
昔は、牛は全て田畑を耕すための労働力であったと聞いた事があります。
ですので、私も小さい頃から、牛と共に生活をして、牛と共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

学生の頃は、野球一本の生活でしたが、家業である牛飼いを継ぐ為に戻って来て、父である先代社長と二人三脚で牛を育てて来ました。

牛はとても正直で、おおらかで、とても美しい生き物です。

しかし、私の仕事は、にんげんとして、その牛の命を戴く事を仕事としています。
命を戴くからには、そのときまでは、丹念に愛情を注ぎ、丁寧に、丁寧に手間暇を惜しまずに牛達を育てるように、心がけをしています。
牛肉は、生きている間に受けた愛情や、環境や、その他いろいろなものを反映しています。
狭く、汚い、劣悪な環境下でストレスを与えられて育った牛は、どれだけ良い飼料を与えようが、決しておいしい肉にはなりません。
愛情を与えれば、至極丁寧に育てていけば、牛は肉牛としての使命を果たしてくれる。そう思えてなりません。

どうか、川岸牧場の牛肉を食べられる時、「戴きます」と、一言添えて頂ければ、手塩にかけて育てた牛達も、きっと喜ぶことと思います。

株式会社 川岸畜産 代表取締役 川岸 正樹